PEOPLE
8/8

STORY OF NET ONE’S PEOPLE

「ゼロからビジネスを創る」という
使命を背負った、
入社3年目の若手社員の挑戦。

新規事業推進室

早川 達也Hayakawa Tatsuya

大学時代、早川は「通信ネットワーク」の研究に打ち込んでいた。「No.1のネットワークエンジニアになりたい」という目標を掲げていた彼にとって、国内最大手ネットワークインテグレーターのネットワンは、自分の実力を試す上でも、今後さらなる技術を磨いていく上でも、最高の環境だと感じたという。

入社1年目の配属先は「応用技術部」。今後導入が検討されている最先端技術を検証するという役割を担った。その1年後には応用技術部で培った技術的な知見を活かし、「市場開発本部」という部署でサービスの設計や実装、運用の立て付けを提案する業務に携わった。

……と、ここまでは入社前に思い描いていた以上に順調なキャリアを歩んでいた早川。しかし3年目の春、「新たに立ち上げる“新規事業推進室”で、既存事業にはないビジネスを創る」というミッションが言い渡された。抜擢された時は、不安で頭がいっぱいだったという。もう一人の専任メンバーとして選ばれたKは、社内で知らない人はいないという程優秀な実績を残してきた超一流の営業。「入社3年目の自分に何ができるんだろう……」という複雑な思いを抱えたまま、プロジェクトは動き出した。

早川の不安は的中した。たった2年しか社会人経験がないため、「ビジネス」「サービス」という概念がわからない。どうにか捻り出したアイディアをぶつけても、ボツの連続。一方、営業歴も顧客基盤も豊富なKはどんどん前に進んでいく。自分の無力さを痛感したが、やがて「同じことをやっても追いつけない。自分の得意領域を生かして貢献しよう」と思考を切り替えた。
Kは市場を分析し、新規サービスの企画を考える。早川は、技術的知見を活かし、サービスを形にするために最新テクノロジーの調査・検証や、協業先の開拓などを行う。それぞれが得意領域に集中することで、プロジェクトは一気に前に進み出した。

優れたAI技術を持つ海外ベンチャー企業と協業してアプリケーションを開発する際には、特技の英語が役立った。早川が海外のエンジニアとコミュニケーションを取りながら開発をリードし、半年後、アプリケーションが完成した。取引のある複数のお客さまに実証実験に協力を依頼し、実際に利用していただくことが決まった時には、これまでにない達成感を味わった。

現在は検証結果を元にしたアップデートや機能拡張を行いながら、新規のプロジェクトも動き出している。さらに、2018年4月からは「社内ベンチャー制度」を立ち上げ、「誰もが新規事業に関わるチャンスがあるという企業文化を醸成する」という試みも始まった。良いアイディアが採用されれば、1,000万円の活動資金が用意される他、新規事業推進室が活動を全面的にバックアップすることになっている。

数年後、早川達に続いて画期的なサービスを生み出すのは、もしかしたらあなたかもしれない。

PEOPLE INDEX

PAGE TOP