SITUATION

NEW WAY OF WORKING

新しい働き方

当社は多様な勤務制度と最先端のICTツールを利活用することにより、時間や場所に捉われない働き方を実践しています。
その中で蓄積した新しい働き方のノウハウをメリットデメリットも含めてお客様に提案するのが当社のスタイルです。
ワークスタイル変革は下記のような3つのビジョンを持って取り組んでいます。

ワークスタイル変革のビジョン

  • 1.働き方の工夫による個人と会社の生産性向上
  • 2.多様な勤務制度による私生活の充実や社員満足度の向上
  • 3.顧客満足度の向上

ワークスタイル変革のビジョンの図

多様な勤務制度

フレックスタイム制度
1ヶ月単位で働く時間をセルフコントロールできるため、状況に応じて柔軟なワークスタイルを実現することができます。
シフト勤務制度
業務の都合により、定められた勤務時間では効率的に仕事ができない場合、30分単位で勤務開始時間を調整することができます。
テレワーク制度
時間や場所に依存せず働くことができる制度です。仕事の生産性をさらに向上させる他、育児や介護、通勤上の事情を考慮した「仕事と生活の両立」を支援することが目的です。
利用日数や利用時間に制約は無く、効率的かつ効果的であればいつでも利用できます。

働き方を実現するためのツール

モバイルワーク
ノートパソコン、タブレット、スマートフォン等の端末を活用して、移動中や外出先でも効率良く仕事をすることで生産性向上を促進します。
仮想デスクトップ
モバイルワークの際、顧客情報/個人情報の漏えいリスクを最小限に抑える対策です。
パソコンなどの端末に情報を残さないため、紛失や盗難による被害を防ぎます。
グループアドレス
「いつでも、どこでも、誰とでも」というコンセプトで、オフィス環境の改革を行っています。自由に席を変えることができるため、スピーディで柔軟なコミュニケーション環境を実現します。
コラボレーションツール
ボイスメールやチャット、テレビ会議システム等の手段を使って、コミュニケーションの効率化や、合意形成、意志決定のスピード化をはかります。
リモートアクセス
会社で使用しているパソコンと同様の環境で、社外から仕事を進めることができます。

ワークスタイル変革のための施策

顧客接点の拡大
移動等にかかる無駄な時間を減らすことで、顧客との接点を増やします。
オフィススペースの効率化
固定席を減らしてフリーアドレス化することで、座席スペースを有効活用します。
雇用の継続
育児や介護などライフステージに関わらず働き続けられるような環境を提供します。
セキュリティ対策
顧客情報など、機密情報の安全性が担保された状態で仕事ができるようにします。
仕事のスピードアップ
移動などの無駄な時間コストを減らしコミュニケーションをスピード化することで、仕事全体のスピードアップを図ります。
過重労働の撲滅
コラボレーションやコミュニケーションを強化した働き方を推進し、過重労働の撲滅を図ります。
快適な仕事環境
業務内容にあった仕事環境を用意して、仕事の効率化をはかります。
BCP対策
場所に縛られない働き方によって災害時や感染症のパンデミックの際も事業継続を可能にします。

WORK STYLE REVOLUTION

ネットワンが挑戦する"働き方革命"

再生

PAGE TOP