AFTER JOINING OF THE ENVIRONMENT

入社後の環境

当社では「人」を会社の財産として捉え、社員と会社が共に成長できるよう、さまざまな「人財」育成施策を講じています。
入社~3年目までを新卒育成期として、段階を追いながら中核人財となるよう計画的に教育を実施していきます。

新卒採用の入社者内訳は文系・理系ほぼ半々です

ICTの基礎から段階的に教育を行うため、
元々ICTについて勉強していなかった人も数多く活躍しています。
『ネットワークアカデミー』という教育サービス機関も自社で保有しています。

入社 入社後は2-3か月かけて「新入社員研修」を行い、社会人としての最低限のビジネススキルやICT全般に関する基礎技術を集合形式で習得していきます。
座学だけでなく、実機を使った演習やグループワーク、プレゼンテーションなどを含む参加型の研修プログラムです。
配属後 配属後はブラザーの指導のもと、OJT形式で個人の成長に合わせて業務アサインをしていきます。
また、当社は職種に関わらず技術知識がビジネス上必要になるため、1年目は技術知識の習得に力をいれ、土台を固めていただきます。

ブラザーとは

マネージャーと連携して育成計画を作成し、新入社員の業務指導、フォロー、育成環境の整備等を行う教育担当者です。

1・2・3年時
研修
3年目の研修終了時にネットワンで活躍できるような「エンジニアマインドを持った営業」や「営業マインドを持ったエンジニア」を段階的に目指していく研修を実施し、個人の能力開発を支援していきます。

人財育成の考え方

人の成長に与える3つの要素には7:2:1の法則(※)があるといわれている通り、当社でも仕事上での成功・失敗の経験こそが大切な成長機会と捉えています。このため、仕事を進める上でも、下記のようなプロセスを踏むようにして、成長を促す職場風土の醸成につとめています。

  • 上司と面談の中で、グレードに沿った仕事上の目標を立てる
  • 仕事の中で目標を達成する
  • 目標達成が自信につながり、次の目標へ向かう動機づけとなる

(※)「経験」は仕事上での経験そのもの、「環境」は上司・同僚など第3者からのアドバイスや指摘・指導・薫陶、「教育」は研修プログラムや読書からの知識習得を指しています。

GROWTH SUPPORT

継続的な成長支援

教育体系

社員の職種やグレードに連動させた、各種の教育研修プログラムを用意しています。

各種研修制度の図

早期育成
社会人・ネットワン社員としてのベースづくりや技術の共通スキルのインプット、技術理解力のベースアップに繋げるためのプログラム。
基礎教育
各グレート、職種、職位の期待役割を遂行するために必須とされるスキルと知識を習得するための教育プログラム。
目的別教育
個人のキャリアプラン、行動変革、強みと弱みに応じて自主的に強化するためのプログラム。
選抜教育
将来のネットワングループ経営幹 部候補の育成、人財の掘り起こしを目的に実施される教育。

自己研鑽のサポート

教育研修プログラムの他にも、様々な自己研鑽の支援制度があります。

資格取得
援助制度
業務上必要とされる資格取得については、下記のような支援を行っています。
  • ・講習会参加にまつわる費用負担
  • ・資格試験受験費用負担
  • ・公式テキスト・および問題集購入負担
  • ・取得後の奨励金支給
参考図書購入
会社補助制度
業務上必要知識または技術取得を目的に関連図書を購入する際、
会社が一定の割合で補助を行う制度です。

INTERVIEW OF SALES STAFF

営業職 若手社員インタビュー

再生

INTERVIEW OF TECHNICAL STAFF

技術職 若手社員インタビュー

再生

PAGE TOP