SITUATION

SYSTEM TO SUPPORT THE ACTIVITIES

活躍を支援する制度

ワークライフバランスの向上と次世代育成支援のため、さまざまな支援制度を用意しています。
また、ダイバーシティ推進委員会を2013年に発足し、全社で取り組んでいます。

妊娠・出産・育児に関する制度

妊娠中の通勤緩和
母体保護の観点から、通勤時の混雑を避けて出勤したい場合には勤務時間短縮等の配慮を行います。
妊産婦の通院休暇
保健指導や健康診査を受けるために柔軟に休暇を申請できます。
妊産婦の休憩時間
妊娠中及び出産後1年を経過しない女性社員は、30分単位の休憩時間を申請することができます。
産前産後休暇
産前6週間(多胎妊娠時は14週間)、産後8週間(多胎妊娠時は14週間)の産前産後休暇を取得することができます。
所定外労働時間の免除
お子様の養育時間を確保するために、残業の免除を申請することができます。
育児休業
小学校就学前までに、最長2年間の育児休業を3回に分けて分割取得できます。
育児時間申請
突発的な育児時間を要する際には、所定の休憩時間とは別に育児時間を確保したり、
始業終業の時刻を繰り上げたり繰り下げたりすることが可能です。
所定外労働時間の制限
お子様の養育時間を確保するために、1ヶ月毎の残業時間に制限を設けられる制度です。
育児短時間勤務
育児時間を継続確保するために、1日の就業時間を4時間半勤務とするか、
週3日勤務とするかを選択できます。
子の看護休暇
子供の傷病に備えて、年間5日を限度(子供1人につき5日間)として、
子の看護休暇(給与保障)を申請できます。
育児シフト勤務
お子様の送迎を考慮して、始業終業時刻を柔軟に変更できるフルタイム勤務制度です。

子育てサポートしています。2013年認定事業主

妊娠・出産・育児に関する制度の表

介護に関する制度

介護休暇
要介護者1名につき、年間5日間の取得が可能です。
介護休業
介護を必要とするご家族のために、最長2年間の介護休業を、3回に分けて分割取得できる制度です。
介護短時間勤務制度
介護時間を確保するために、1日の就業時間を4時間半勤務とするか、週3日勤務とするかを選択できます。
介護のための所定外時間労働の制限
ご家族の介護に充てる時間を確保するために、1ヶ月毎の残業時間に制限を設けられる制度です。

その他休暇制度

有給休暇
入社初日より15日間付与され、勤続年数に応じて最大20日間付与されます。
ストック休暇
有給休暇の未消化分は自動的にストック休暇として振替えられ、40日を限度として保有できます。
自己啓発やボランティア、傷病時等、様々な用途で使用することが可能です。
夏期休暇
概ね7月~8月の時期に使用して長期休暇を満喫したり、ご実家に帰省したりする休暇となります。
リフレッシュ休暇
勤続年数5年単位で取得可能な長期休暇です。
慶弔休暇
冠婚葬祭時に使用する休暇です。
公務休暇
選挙や裁判員などの公務を遂行する際に取得する休暇です。

心と体の健康促進

健康推進室(産業医常駐)
社員の健康維持促進をサポートするため、日々健康状態の把握に努めています。
体調を崩した時などは、保健室のように気軽にお立ち寄りいただけます。
健康診断/人間ドック
定期健康診断や特定年齢における人間ドック受診により、社員の健康を定期的に観察します。
毎年のデータを基に、健康面談を実施して生活習慣の改善なども行っています。
同好会活動援助
野球・フットサル・テニス・マラソン・バスケットボール・ゴルフなどのスポーツ同好会を中心に、
社員の健康が維持促進される活動を会社として奨励しています。
同好会とは関係ありませんが、恒例行事として年に1回「フットサル大会」を会社で開催しています。
職場親睦会補助
職場の円滑なコミュニケーション促進のため、親睦会を実施して組織の活性化に努めています。
マッサージルーム
ヘルスキーパーによる理療(指圧によるマッサージ)や健康アドバイス(セルフケア)を受けられ、
慢性的疲労、心的ストレスなどを軽減します。
24時間相談窓口(健康・医療・メンタルヘルス等)
職場内で相談しづらいことも、外部のEMPLOYEE ASSISTANCE PROGRAM(従業員援助プログラム)を活用して解決することが可能です。
全国保養所・旅行・スポーツイベント・アミューズメント施設等の利用補助
健保組合による各種サービスを自由にご活用いただけます。

PAGE TOP